• FXの取引手数料について

    • FXを取引する場合、取引手数料がかかります。多くのFX取引会社は、口座開設無料、取引手数料無料とうたっていますが、実際にはスプレッドという形で取引の際に手数料を払っているのです。スプレッドとは、買い注文と売り注文のその時点の値の差のことを言いますが、その差が狭いほど取引は有利に働くのです。

      いろいろなFXを知りたいならこちらです。

      WEBなのでUSD/JPYがスプレッド0.3銭などという広告を目にしたことがあると思いますが、その0.3銭がFX取引会社の利益となり、一回の取引ごとに手数料として取られるのです。
      0.3銭なんて大した額ではないと思うかもしれませんが、取引手法においては重要な問題となってくるのです。

      取引手法には、数秒間や数分で注文、決済を繰り返し、一日に何百回と取引するスキャルピング手法というものがあり、スプレッドがあるおかげでポジションを持った時点では、マイナスの値からから始めなくてはならず、取引回数が多いほど、手数料を多く払わなければならなくなるのです。



      取引手法においてロングスパンで取引するスイングトレードなどでは、あまり重要視する必要はありませんが、スプレッドは狭いに越したことはありません。FXの場合、手数料をいかに少なくすることを考えるよりも、いかに儲けるかにかかっているので、日々のトレードで、それほどスプレッドを気にする必要はないかもしれません。

      産経ニュースに関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

      FX会社を選ぶ際、スプレッドの狭さだけで判断するより、ツールの使いやすさやサポートの充実度で選んだほうが良いかもしれません。

  • 身に付けたい知識

  • サポート情報

  • 学びたい知識・金融関係の真実

    • 短期運用も長期運用もできるFX

      FXを行う場合、短期的な運用も長期的な運用も可能となっています。日々変動する為替へ投資を行うため、短期的な運用のイメージが強いかもしれませんが、長期的に外国為替を保有することで大きなリターンを得ることも可能です。...

    • 損失を最小限にするFXの考え方を理解しよう

      FXに限らず、あらゆる資産運用にとって重要になるのは取引における安定性です。安定的に取引を継続することができれば、たとえ取引の中で損失が生じたとしてもその損失を補って利益を出していくことは十分に可能です。...